新車購入時の下取り額は交渉できるって知ってた?

買取専門店に車を売ろうとしているあなた。

先走ったらもったいないですよ。

少し前までは、新車ディーラーの下取りは『イエローブック』と呼ばれる価格表を基に独自の査定基準でおこなわれてきました。

しかし、今は車買取専門業者と同じように『中古車市場での取引価格』を参考にして査定してくれるディーラーが増えてきました。

ただ、普通に下取りの査定してもらっただけでは高値は期待できないので、効果的に下取り査定額による値引きをしてもらう方法を紹介します。

下取り査定額アップの方法はコレだ

下取り査定額は1回目から高値を出してくれることはまずありません。

なので、まず1度下取り査定してもらってからが勝負になります。

やることはたった3つで簡単です。

  • 一括査定サイトを利用して買取専門店の中から3社程度に査定してもらう
  • 新車ディーラーの競合店にも下取り査定してもらう
  • 本命の新車ディーラーと交渉する

一括査定サイトを利用して買取専門店に査定してもらう

下取りも高値がでるようになってきたと言っても、買取専門店のネットワークの広さはまだまだ健在です。

なぜ一括査サイトを利用するかというと、複数の買取専門業者に出張査定を申し込めるからです。

買取専門店の店舗に行って査定してもうと、「売ってくれるまで帰さない。」というような迷惑行為が稀にあるようなので出張査定してもらうのがおすすめです。

買取専門業者利用の注意点
  • ディーラーとの下取り額交渉の前に絶対契約しない
  • 希望価格を聞かれても答えない
  • 金額しだいでは売るつもりだと伝える

「お客様だけに特別」「店長の許可がもらえた」「もう本部も動いているから売ってもらわないと困る」「ちょうどこの車種をほしいひとがいるから特別金額です」などと惑わせてきますが、ほとんどが営業トークとしてのテクニックなので信用しないように気をつけましょう。

新車ディーラーの営業マンとは違い、買取専門店の査定員は一期一会の側面もあるので情報収集を目的として接するのがいいですよ。

>>>一括査定サイトを確認するならコチラ

新車ディーラーの競合店にも下取り査定してもらう

下取り査定額のアップに一番効果的な言葉は

「A店(ライバルディーラー)の査定額のほうが良かった」

です。

ディーラーの営業マンも「ライバル店がより好条件」とお客から言われたほうが、上司に値引きのお願いがしやすいですよね。

本命の新車ディーラーと交渉する

買取専門店と競合店で査定してもらっているので、あなたの愛車の限界がだいたい分かったと思います。

その情報をもとに「ライバル店のほうが条件が良かった」「買取店で査定してもらおうかな」と営業マンに迫ってみましょう。

どこの新車ディーラーでも、下取り価格での値引き支援は最終手段としてとっているので、こちらの要望に応えようとしてくれます。

実際に雑誌の新車購入の体験談でも「下取り金額が安すぎるので、買取店に査定をお願いしようと思う」と伝えたところ、市場価格を超える金額を提示されたとの声が数多く見られます。

下取り額の交渉の注意点

下取りしてもらうことを第一に考えて行動する

新車を購入するディーラーに下取りしてもらえることはかなりのメリットになります。

下取りのメリット
  • 新車の納車まで自分の車に乗ることができる
  • 購入と売却の手続きが1度でできる

車を売るのと買うのが別々の会社だと面倒ですよ。経験してみると痛いほど分かりますがおすすめはできません。


嘘をつかない

ライバル店での査定額が「120万円」だったのに、ディーラーの営業マンに「A店では140万だった。」なんて交渉の仕方はやめたほうがいいです。

限度額は営業マンが一番よくわかってます。

あなたのために上司に値引き交渉にいく営業マンが、あなたのことを信用していなかったら気持ちが入らないのも当たり前ですよね。

新車の営業マンとは購入してからもメンテナンス等で付き合いが続いていくので、良好な関係を続けるようにしましょう。


買取専門店での査定は言わないほうがいい

買取専門店と下取り価格は別物と考えている営業マンが多いので、テンションが下がってしまうことが多いようです。

上司を説得して割引を大きくしてくれるのは営業マンなのでテンションを下げるようなことは避けたほうが良いです。

ただ、買取専門店の査定額と大きく差が開いている場合は「買取専門店の査定額が〇〇万円だったので、そっち売ろうと思っている。」と正直に話しましょう。

交渉というより報告という気持ちで話して、もし下取り額がアップしたらラッキー程度のこころがまえがいいですね。

下取り額を高くする方法のまとめ

やることはたったの3つです。

  • 一括査定サイトを利用して買取専門店の中から3社程度に査定してもらう
  • 新車ディーラーの競合店にも下取り査定してもらう
  • 本命の新車ディーラーと交渉する

この3つのことをやっただけで20万以上の違いが出た人がたくさんいます。

ディーラーの営業マンの仕事は車を売って利益を出すことです。

競合他社と比べられて自社が負けそうだからなど、理由がないと上司に値引きをお願いできないことを理解すれば、複数の見積もりを取ることが大事なのがわかると思います。

みんながやっている相見積もりにあなたも挑戦して、満足いく金額で新車を購入しましょう。

【新車に安く乗る】4つの手順を知らないと損します

同じ車に同じ条件で乗るなら安いほうが良いですよね。

新車販売の営業マンはたかく車を売るプロです。

ディーラー営業マンは、新車購入についての値引き知識がないことを前提にまず話を進めようとします。

なんの知識もなしに、プロの営業トークを聞いてしまうと流されてしまい、【本当はもっと安く買えたのに】という金額で新車を購入してしまうことがほとんど。

損しないためにも、あなたも新車購入の注意点をしってからディーラーむかうべきです。

この記事では、残価設定ローンやマイカーリースではなく、値引きで安く新車に乗る方法を紹介していきます。

新車の値引き相場額を知る

新車の値引き相場を知っておかないと損する可能性が高くなります。

ネットで調べても出てくるかもしれませんが、おすすめの方法は本屋の雑誌で確認することです。

「ザ・マイカー」などの新車購入に特化した雑誌がありますので、値引き限度額を確認しておきましょう。

ただ、雑誌をディーラーに持ち込んで「ここに書いてある金額値引きしてくれ。」なんて交渉の仕方はやめておいたほうがいいです。

営業マンにいい印象を持たれません。新車購入は車を買ってからも点検などで付き合いがあるので無駄に印象を悪くするのはおすすめできません。

ライバル車種を決める

欲しい車種だけを狙ってディーラーに行くのはもったいないですよ。

値引き交渉の初歩ですが大事なライバル車種。

ただ、似たような車種を4つも5つも出して交渉するのはおすすめしません。

あまり多い車種をだしてしまうと本当に購入する気があるのか疑われ、実際の値引き金額を提示してくれなくなるからです。

ライバル車種交渉のコツ
  • ライバル車種は2~3車種に絞る
  • 迷っているポイントを決めておく
  • ライバル車種が勝っているポイントを知る
  • 欲しい車種が勝っているポイントを知る

迷っているポイントは、【価格・燃費・デザイン・自動ブレーキ・乗り心地・走り】あたりになってくるとおもうので、各車のホームページや雑誌で調べる必要があります。

同車種を別の販売店でも比べる

同じ車種を別の販売店で見積もりしてもらうのも効果があります。

別の販売店とは、同じTOYOTAディーラーだけど店舗を経営している会社が違う販売店のことです。

例えば、埼玉県でプリウスを買おうと思っていれば、ネッツトヨタだけを見ても『ネッツトヨタ埼玉(株)』と『ネッツトヨタ東埼玉(株)』は別会社なのでどちらも見積もりしてもらってOKです。

それ以外にも、『トヨタカローラ新埼玉(株)』や『埼玉トヨペット(株)』も別会社になるので見積もりしてもらいましょう。

なぜ複数の店舗で見積もりするかというと、値引き額の決済は店長がするディーラーがほとんどなので、ディーラーごとに値引き額が違ってくるわけです。

複数の見積もりをもらうことは今や当たり前となっているので、ディーラーの営業マンに他にも見積もりをもらっていることは隠さずに伝えましょう。

今乗っている車を高く売る

安く買うための努力はするけど、高く売るための努力はしてない人が多いですよね。

プライベートでは買うことに比べて圧倒的に売ることのほうが少ないからしょうがないですが、車は高価なので高く売る努力をしましょう。

【下取りは安い】【買取は高い】とネットで言われていますが間違いです。

今は下取りでも高値がでることが多いです。

本体値引きが限界の場合に、購入支援の意味で下取り価格に上乗せしてくれるなんてこともあります。

ただ、下取りだけに頼っても相場より高いのか低いのかがわからないので、買取専門店に査定してもらうことも必要です。

順番としては、

  1. ディーラーに下取り価格を聞いておく
  2. 一括査定サイトで3社程度に査定してもらう
  3. 買取専門店の査定額より高くならないかディーラーに確認する

3.のディーラーに買取専門店の査定額より高くならないかを聞くのは、新車購入契約の直前だと成功率が高いですよ!

無料で手軽な一括査定サイトを利用するならコチラ↓↓↓carview

【新車に安く乗る】4つの方法のまとめ

とにかく大事なのは比較しまくることです。

正しい方法で比較しまくれば必ずお得に新車を購入することが出来ます。

そこで気をつけないといけないことは、営業マンに「このお客様は買う気がある。」と思わせることです。

別の車種が本命で自社の車は値引き交渉の材料だと思ったら、まともな値引きなんかしてくれませんよね。

たとえ値引き交渉の材料にしようとしている車種であっても、しっかり下調べしないと相手にしてもらえないかもしれませんよ。

新車に安く乗る4つの手順
  • 値引き限度額を調べておく
  • ライバル車種を決めて比較ポイントを決める
  • 同車種を別会社でも見積もりしてもらう
  • 今乗っている車を高く売る